読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰毛食べたら単位貰えますか?

ポケモン、その他

東京旅行記

どうもこんにちは。
陰毛ことアニマロッサです。
先日、東京に出向いたので、リアルの事も交えて旅行記を書いていきたいと思います。

初日
福岡空港から羽田空港まで飛ぶ。
隣に人がいなかったので機内で積んでるエッチゲームをしよう!と思ったらPCの充電がなくて困った。
充電があったら確実にやっていたので逆になくて助かったのかもしれない。

トイレで、空港のWiFiで関東初陰毛抜きキャスをしようと思うも、電波が足りないと言われる。
そして、電話番号を教えなきゃ!と思って助手に電話番号を送る。リプライで。
無事流出してしまった。

空港からモノレールで浜松町まで行き、今日夕飯を一緒に食べる予定だった助手に連絡をすると、このように帰って来た
「今日体調ありえん悪いんやけど新宿辺りで明日の朝飯食わん?」
悲しくなってとりあえずアキバへ向かった。
荷物を預け、ソフマップ、トレーダー等のエロゲショップを回っていると、7月新作である「アマツツミ」が非常に欲しくなり、購入を決めてしまう。
初日に旅行費を減らすのはあまりにもバカ。
ついでにTENGAを購入。
そしてトレーダーの「 Navel」ガチャガチャでルナ様を引いて大変に気分が良くなる。
助手に予定を蹴られた俺は、TLで呼びかけた結果、バイソンがこのようなリプライをくれた。
「とりま権利戦5時からだけどさっさと負けてそっちいくはW」
おー、と思い、適当にアキバで時間をつぶすことにした。
アキバは楽しい。
人といるともっと楽しいと思った。
ただ、オタクは酸性の不快な臭いを発するのでそれだけは死んで欲しいと思った、
体が臭いオタクは死んでいただきたい。
うろうろしてたら助手と楠戸からよくわからない電話がきた。
バイソン待ってアキバうろうろしていたら10時になった。
連絡すると
「まだおわらないのがあつい」
と言われる。
あつい。
流石に宿のチェックインに遅れるので、アキバを離れる。
初日、誰とも会えず。

2日目、助手と伊藤鮭と朝ご飯を一緒に食べようと思うが、寝坊してしまう。
会えなかったのでとりあえず新宿駅で土下座する自撮り動画を撮り、助手に送る。
何故か知らないが、楠戸にも送ってしまう。
そのあとは僕のリア友オタク(中学の友達)である、ねぎしまさととフマクトくん(彼のハンネである、俺は普通に本名で呼んでいるが、バレると困るらしいのである)と遊ぶ予定だったのだが、前日にフマクトくんが部活で腰を剥離骨折して動けなくなってしまう。
彼が来なくなったことでくるはずだった女の子も来る理由があまりなくなり、俺はねぎしまさととデートをすることになった。
僕達は池袋のラウンドワンで適当に遊んでいた。彼はそのとき太鼓で「」を全良してとても喜んでいた。
彼がTwitterのアイコンをその写真にした結果、彼は本名も顔もネットにバレることになってしまった。
そしてカラオケに行くことになったのだが、ねぎしまさと、とてつもなく歌が下手くそなのである。
ちなみにカラオケを出た後、
「カラオケたのし〜。はまったかも」
と言っていた。やめてくれ。
ポッ拳をしたりラーメンを食ったりしていたら9時くらいになったので解散。

3日目、僕は横国大のオープンキャンパスに行く事になった。誰と?そう、ねぎしまさと君である。
みんな部活の合宿の中、彼は何故こんなにも暇なのだろうか。それは彼がダメ人間だからである。
横浜へついた、ツイートをしたときに、写真の真ん中にめっちゃ素早さの高い女性が写っていたのでツイートをする。
横浜でねぎしまさとと落ち合い、横国へ向かう。
その途中、地元(福岡)の知り合い(女二人)に会ってお互いとても驚いてしまう。
こわ!と思いながら横国へ歩く僕たちだったが、僕らはダメ人間なので、あまり大学をみらずに、「ポケセン行こう!」というテンションになり、みなとみらいに行ってしまう。
そしてジェットコースターに乗ったり、ポケセンに行ったり、横浜のソフマップで割と安くなっているディエスイレとアストラエアの白き永遠を購入する。
ちなみに横浜のソフマップはビブレの中にある。
エッチゲーム・キモオタクはオシャレビルであるビブレに入ってエッチゲームを買わなければいけない横浜の民の事を思うと、かわいそうになってきた。
なにより、ビブレに臭いオタクがいるのを目撃するパンピーの事を思うと流石に泣ける。
そしてねぎしまさとと俺はスターバックスに入る。
キモオタクである俺は、スターバックスで購入したエッチゲームをテーブルに置きながら、フラペチーノを飲んでいたら、隣の女子中学生二人組のうちの片方が露骨に「オタクキモい」みたいな事をもう片方に言っていた。
中学生の分際でスタバに来るな。
そういう思考、俺はキモいオタクなので仕方がないのである。
そうして、横浜での行動も終え、俺は某氏と待ち合わせをしている、町田へと移動する事になった。
ちなみにこのブログを読んでいる人、一番読みたいのはここなのではないだろうか。
僕は某浪人生と町田で落ち合った。
そう、たんそマンである。
たんそマンはめっちゃじわるって聞いてたが、まあ普通の人でCASで聞く声と同じだったのでとても安心していた。
そしてたんそマンとカラオケに行く予定だったので、カラオケに行く。
採点機が精密採点II、という古くて難しいやつで僕は怖くなってた。
彼とほりさきさんのCASを見ていたので、うたをうたうたんそマンは聞いたことがあったが、その通りであった。
CASでの彼、はナチュラルなんだな、と俺は思った。
僕は何回か交互にうたっていた。
たんそマンが歌っていたのは
シュガーソングとビターステップ、リライト、シーソーゲーム、リニアブルーを聞きながら、the beginning
でした。
たんそマンのうたうミスチルは個人的にすごく好き。
僕もラルクのflowerとかシドの嘘とかアジカンの未来の欠片とかうたってました。
たんそマン「プロのワンオクがききたい」
ぼく「リメイクなら歌えるけど、英語が無理」
たんそマン「理由がめっちゃダサくてじわる」
ぼく(うたう)
たんそマン「英語レートが低い」
ぼく「わかる」
ぼくは英語が苦手。
じわるじわるって思いながらうたってカラオケに行きながら与太話をして改札の前でタケダさんを待っていた。
タケダさん、背が高いので羨ましい。俺は背が低いので人権がないのである。
たんそマン「どこで飯食いますか?」
俺ら「ここらへんわからないからなあ」「とりあえず端まで見よう」
この時点で察すると思うが主体性のないオタク3人、飯屋を決められるわけがないのである。雑談をしながら端まで到達してしまう。
町田は栄えてるところを抜けるとただの集落である。
結局、なんやかんやでたんそマンの意見のサイゼリヤになってしまう。
あまりにも安直なオタクである。
そしてなんと、俺以外ポケモンを持ってきていないのである。あまりにも意識の低いポケモンオタクである。

ずっと三時間くらい雑談をしていた。
内容は、学校のこと、大学受験のこと、フォロワーのことがほとんどである。
受験のこと、彼女がいないこと、もう、涙を流さずにはいられなかった。
机に伏してアァ…というたんそマンは、寝落ちしているわけではない。
ぽけざわは、何故馬鹿にされるのかという疑問も「ポケモンをやってないのにぽけを名乗るから」と解決してしまった。

ポケ勢が集まってポケクラの話をするのは、あまりにも有名。

たんそ「アニマロッサの、う○いっていう苗字結構珍しいよね」
俺「たんそマンの苗字が知りたい」
たんそ「俺は珍しい苗字だから多分わからない」
俺「う○いゆうきまじか」
タケダさん「ぼくも珍しい名前なので下の名前わからないと思います」
俺「タケダう○いまじか」
というわけでみなさんの本名が決まってしまった。

あぁ、じわる。
飯食ってる時に俺のことを陰毛と呼ぶたんそマンはあまりにも陰毛。

なんやかんや三時間くらい喋って解散になった。

ちなみに年齢は
俺<タケダさん<たんそマンなのに
俺→タケダさんはタメ口
俺→たんそマンはタメ口
たんそマン短いタケダさんは丁寧語でじわる。


たんそマンだけ電車が逆方向で俺とタケダさんは一緒の方向だった。
東京のjkのスカートが短い話とかした。
なんやかんやで、俺の中学の友だちの兄弟がタケダさんの後輩だってことがわかってしまう。
じわった。

そして帰宅。

翌日は寝坊して、新宿で、中学の友達のバンドボーイであるyくんと朝飯を食って借りていた本を返す。
会えて嬉しかった。

そして、俺は福岡に帰った。

また、いつか、東京にいって、いろんな人に会いたいと、俺は思った。
来年も行けたらいいな。
これからもよろしくな。